.

.

.

.

チヨミ「まったくもお」「バイクは持ち込めないし、ラクダは噛み付くし、あいも変わらず砂だらけ。」

チヨミ「あげくの果てが、このうっとうしいベール・・・。」

チヨミ「あの頃の活気が嘘のようね」

.

.

世界中を探しまわって。

地球を一周して。

結局、この地に戻って来るなんて・・・。


チヨミ「コレで良いってジュバイは言ってたけど、本当にこのベールで良いのかしら。」
「なんかこのマント、キリスト教の黒ミサみたいなんですけど・・・。ラテン・カトリックの反対だから良いのかな・・・?

.

.

.


.

あの日・・・。
30機のフル装備トムキャットとの、地獄の死闘を終えて・・・。

.

.

.

.

.

セラ「きょうかん!。シッカリしてください」。

チヨミ「・・・・・・ 3,500ドルのヘルメット・・投げない・・・・・  で」。

.

.

セラ「 ! きょうかん、死なないで!」「最後の言葉がそれじゃあ、あんまりデス」。

チヨミ「・・・・・・・・・」。

.

セラ「ハーネスを」 チヨミ「チョッとま、オェーッ」。

セラ「ゴメンナサイ ゴメンナサイ きょうかん」。

チヨミ「オェーーー。 謝るのはこっちよ。私が言い出したんだから・・・オェ」。

.

.

.

チヨミ「役に立たなかった上にこの有様。ゴメンナサイね。」

セラ「・・・・。」 「きょうかん。お願いがあるんデス」。

チヨミ「なに?、あらたまって」。

セラ「また、いっしょに乗ってください」。

チヨミ「どうして?。意味無いじゃない?私がナビじゃ」。

セラ「今日分かったんです。きょうかん乗せていれば、死なせちゃいけないって思って」。

セラ「乱暴な運転しなくなるって・・・・。」

チヨミ(あれが丁寧な操縦なの・・・。) 「ええ。もちろん」

セラ「 But. Pull up lever for me when emergency. 」。

チヨミ「・・・。りょうかい」(気づいてたのね)

.

.

.


.

突然ですが、ホットスタッフ空軍、今回で最終回となります。本編・外伝ともにです。

セリフにあるように、そうですね。新シリーズのプロローグです。
サードシーズンで、新たに。ホットスタッフ空軍新シリーズ「セイレーン」、としてスタートします。

.

セカンドシーズン・ホットスタッフ空軍では、実際に世界で起こった史実を元に。その中でキャラクターを動かしてきました。しかして、「史実の中だけでは、あまりに自由度が無い。」という訳で・・・。
今回は、完全なるオリジナル・ストーリーとなります。

とは言え、前作からのストーリーを受け継いでいる上。
第二次大戦以降に起こった事件を中心に、モチーフにしていきますので。年代的には、前作の舞台、「イラク戦争」より年代が前後すると思います。

さらに。
ホットスタッフ空軍本編のように、キチンとストーリー仕立てはしないと思います。コケティッシュグラフティの、セラ&チヨミのエピソードのような形になると思います。

おたのしみに〜。 ドール「だれもしてないって」 作者「まーねー」。

.

.

.

return top          2nd season top          return directory top