.

ホットスタッフ・コケティシュ・グラフティ PART\はコレ。
シーズンど真ん中、ビキニ・スペシャル。

題して 「クラゲが出る前に」 です。

ドール「チョッと待て!」「ビキニ・スペシャルで良いじゃない。なんなのよそのクラゲって」 作者「クラゲ。刺胞動物門に属する・・・」 ドール「じゃなくて。もお良いわよ・・・」。

.

ハッキリ言って。
下手な「グラビア」よりエロいような・・・。

ドール「「 chibaac 」様ならともかく、ポージングがダメでしょまず」 作者「そうかなぁ・・・」。

.

.

.


.

コケティッシュ・グラフティなので、説明不要。ドンドンいって見ましょう!。

「セラ」がVer.2素体、「チヨミ」がVer.1です。
ある意味、「アクションフィギュア検証ページ」より、フォルムは比較しやすいかもですね。

で。
ヤッパリこう見ても・・・。ほとんど、見分けが付かないです。(撮った本人が「どっちだっけ?」の世界でし)

.

.

元気イッパイの「セラ」。可愛い。
ところでこうやって見ると、やっぱり手首の保持力は若干向上していて。手を前に突き出した状態でのピースができます。

ちなみに。せっかく苦労してピース作ったので、今回セラは、基本ピースでいきます。

.

.

ただし。
全体的に、保持力はVer.1に軍配です。

.

何といっても致命的なのは「膝」です。

膝が70度程しか保持できないため、このポーズはできません。
(可動範囲は同じですが)

.

.


ビィィセラ「きょうん、ィィいデスィィーーーン
ビィィチヨミ「ええ?聞こえない」ィィセラ「のろいデスね!バイク」ィィィーーーン
ビィィィチヨミ「ブチッ!」。ィィィーーーン

.


セラ「反射神経で勝てるはずないよーん」 「左手で十分」 「ピースしてても勝てちゃう」 「よそ見しててもこの通りっす」。
チヨミ「コノコノコノ!!、確かにこの子凄い。ほとんど人の動きを予知してるみたい・・・。」。

.


チヨミ「ハィこれ、髪の毛の手入れしといた方がいいわよ」「あなた黒髪なんだから、針金みたいになっちゃうわよ」。

.

.

.


.

チヨミ「うっそー!それ「こんにゃくゼリー」じゃない」「大変!!それ毒なのよ」「それ食べると体の酸素が無くなって、窒息しちゃうのよ!」。

セラ「どこで仕入れたんデスか?、その情報・・・。」

チヨミ「嘘じゃないわよ、ヨーロッパじゃ発売禁止なのよ」。

セラ「大丈夫ですよお、いつも食べてるし」「それにこれ、食べるとやせるんですよぉ。カロリー全然無いし」。

チヨミ「・・・・・・・。」「やせるの?ほんとに?」。

.

と。言う訳で、天才少女の二人も。普段はヤッパリ、スタイル気になるただの女の子。でしたとさ。
作者「ヤッパリ、下手なグラビアより良いなぁ」 ドール「まぁねー。モデルが良いもんねー」。

.

.

.

ホットスタッフ・コケティシュ・グラフティ PART ]へ

return top          2nd season top