.

今回は「 chibaac 」様よりこのような。

「前衛的」作品を頂き、

僭越ながら「時代の変化」等と言う、

だいそれた議論を展開しようと思います。

.

.

.


.


「GIジョー・クラシック」amazon様より。いい味出していると思いませんか?

まず、アクションフィギュア「創世記」です。
旧約聖書では確か、創世の七日間からエナク、ノア、バベル等を経て。ヨセフによりイスラエルの民がエジプトへ導かれるまでだったと思いますが。
それはともかく。

.

.

これが現在の「ホットスタッフ」にもつながる、大きな「潮流」の源位置に当たるので。
こんな安っぽい言葉で語ることはできませんが。

要するに「オモチャ」です。

でも明確なポリシー、確固たるアイデンティティを持っていたからこそ生き延び。
現在でも高値で取引が行われ。

その派生形態が進化を続け、「現在に至っている」のはご承知の通りです。

.

.

.


.

第二世代は「リアリティ」です。

但しこの場合、「寸法」でのリアリティ。
つまり単に「縮小」した精度的リアリティだけではありません。

つまり「スケールモデル」ではなく。
なんと言いましょうか、現実に存在していても不思議は無い。という意味でのリアリティという意味です。

.

.

旧約聖書で言えば。
人間の寿命が長かったり、現実には起こり得ないエピソードを交えた。つまり神話としての世界観から「現実世界」へと変化する境界線。

つまり。これは僭越ながら当サイト作者の持論ですが。「ルツ記」がこれにあたります。
(ちなみに当サイト登場のナオミ素体の「ナオミ」は、「ルツ」の義母です。)

.

.

それはさておき。

その点では当サイト作者も、残念ながら。
せいぜいこの、いわば「第二世代」に留まっています。

.

.

.


.

そして到来の予兆、「アクションフィギュア第三世代」です。
旧約聖書ではイスラエルの民がカナーンに到着すると徐々に現実味を増し。サムエル、ダビデ、ソロモン代に至ると。
ドール「もういいよ」 作者「文字を埋めたいお年頃」 ドール「・・・・・」。

いよいよ「歴史的第一級資料」の様相をすら持つに至ります。
いまだ全地球のほとんどの地域が、「神話の世界(物語)」に身を置く中。極めて客観的表現を織り交ぜるようになっていったのです。
(実際。中世ヨーロッパ史研究は、紛れも無く「旧約聖書」を基本に歴史研究を進めていました。)

.

旧約聖書の驚異的の一端を物語る一例として、この時代からずっと後なのに。伝説の「バビロンの城門」発掘(本当にあった)等は、人類史上最大級の発見と言えるでしょう。

(もし旧約聖書との整合性が無く発掘されたら、「凄い遺跡」で片付けられていたことでしょう。)

.

さておき。次に到来した世界は、一度「現実描写」に至った聖書が。
再び「神話」の様相をかもし出し始める。即ち「新約聖書(キリスト教典)にあたります。

.

.


「パリ・コレクション」INAN様より。

.

.

.


パリコレ、QREATOR様より。

つまり第二世代までが「リアリティー」。

つまりつまり、「本当に存在しても不思議でない」女性。だったのに。

アクションフィギュアがいよいよ「創作の粋」に達したのです!。

.

.

.


つまり。「奇抜」等と言う言葉の枠組みをブレイクスルーし。

「アート」の世界に入ったのです!!。

.

.

「おもちゃ」として

この世に生を受けしアクションフィギュア・・・・・

.

その後このサブカルチャーは

.

「スケール・モデル」として

.

理想の「女性像表現」として

.

果ては「性表現」として・・・・

.

いい意味でオモチャの粋を逸脱してゆきます

.

おもちゃ。リアリティ。

.

そして今訪れた次世代・・・・。

.

.

.

「創作」時代の幕開けです

.

.

.

return top          return directory top