.

.

ミニクーパーの回収は、何と高速道路を疾走しながら。回収し終わったら、金塊を降ろし、バスはそのままアルプス越えにかかります。

.

チャーリー成功の報は、すぐさま刑務所のスポンサー、ブリッジャーにも伝えられ。刑務所あげての大盛り上がりの祝杯モード。
これでもブリッジャーは服役中。ハッキリ言って所長以上の待遇です。

.

金塊が降ろされ、文字通りお払い箱となったミニクーパーは、なんと走りながら突き落とされ。アルプスの谷底へ・・・。

.

この「顛末」はなんとも。人によって感想が異なることでしょうか。「最後の華」と思う人もいるでしょうし。
一方で。これら三台のミニクーパーは本当に、車とは言えないほど「可愛らしく」走り回ってくれたので。

「ミニクーパー可愛そう」。と思った人も少なからずいることでしょう。

.

.

そんなミニクーパーへの非情な仕打ちへの罰か?
峠を越え、下りに掛かったバスは、スピードの出しすぎでオーバーハング。

メンバー全員をバス前方へ移動させ、チャーリーがバス後部に積まれた金塊を腹ばいになりながら「引き寄せ」ようと頑張ります。
しかしてなんと。

やっと手が届くか?というところで金塊が滑り出し、なんとここでこの映画は「終わり」になります。

.

泥棒ものの物語の場合、最後は獲物が「水の泡」になる構成が多いのですが。(犯罪者が成功するのは衛生上よろしくない)
この映画の場合は、ライトシーンを意図的に「尻切れトンボ」としたようです。

.

.

.

おもしろいえーが、見逃していた。 PARTWへ。

.

return top          return directory top