.

またまた、来訪者様にはまったくもって、何ら意味の無い。
またまた私観論の大風呂敷です(風呂敷にもならないですが(汗))。

.

当サイトの私観的「美女図鑑」です。

.

.

.


.

作者の好みが。

子供の頃から「洋画ロードショー」を毎日のように観ていた事から。
「西洋かぶれ」である事は、当サイト「作者紹介」ページにも書いてありますが。

トップバッターは意表をついて、邦画。というより、日本のテレビドラマ。「西遊記」です。
美しかったですね。本当に。夏目雅子さん。

異常に人間を嫌う妖怪達に捕らえられ、処刑されそうになる三蔵一行。
「なぜそれ程までに人間を嫌うのです」。諭す三蔵に「妖術も使えぬ、無能で野蛮な人間め !!」と言い放つ妖怪。

差別意識の塊と化している妖怪に三蔵は何と。「私も妖術が使えます。この太陽を消しましょう。」

驚き、顔を見合わせる悟空・八戒・悟浄。呪文を唱える三蔵。

本当に消えた太陽に、「もう旅人を苦しめません」とパニックに陥る妖怪たち。

最後はお決まりのシーン。
四人揃って富士山。じゃ無くて。天竺目指して旅は続く。

.

.

お次は珍しい。多分、後にも先にも一度きりの。
三蔵法師が悟空達三人の「エモノ」を抱え、馬の手綱を取るシーン。です。

.

.

最後は、取って置きの笑顔。

素晴らしかったですね。西遊記。当サイト作者の、少年時代を象徴するドラマでした。

.

.


.

アメリカ・ハリウッド

お次は、実はあまり好みではないのですが。アメリカ・ハリウッドから。
二コール・キッドマンです。

映画「ムーラン・ルージュ」より。

凄い「目力」。マドンナに通ずるものがありますね。
他民族入り乱れるアメリカでのし上がるには、これ位の目力が必要なのでしょうかね(なんちゃって)。

.

.

フランス

そしてフランス代表、アンヌ=マリー・ジャケ演ずる「 メラニー・ロラン 」。

ちなみに。
ヨーロッパの言語。フェニュキア文字系言語は、ご存知「文字の組み合わせ」の言語です。

アルファベットを組み合わせて単語を作り、熟語の概念はほぼ、日本語と変わりませんが。
文法・語法レベルでは、この単語を組み合わせて、語句や節を作り。
これらを組み合わせて、意味を成していきます。

フランス語に至っては「人の名前」さえ「組み合わせ」の場合が多く。
「アンヌ」と「マリー」をくっ付けて「アンヌ=マリー」とか。「ジャン」と「ロベール」をくっ付けて「ジャン=ロベール」とかです。

ちなみに2。
通常、現代では「名」「姓」の順ですが。昔のフランスで、「名字」を持っている場合。
ルイ(姓)・オーギュスト(名)のように、日本語と同じ語順に書く場合がありました。

映画「オーケストラ!」より。綺麗ですね。完璧です。

.

映画「 PARIS 」より。

こちらのメラニーは悪女を演じています。動画は、メラニー・ロランの美しさを一層引き立たせるため。
映画中にもふんだんに挿入されていた、「パリの絶景」を入れています。

美しいパリと美しいメラニー。相乗効果ここに極まる。です。

.

.

.


.

このサイトの他の「映画紹介」でも、割とハリウッド映画を、低めに評価している場合がありますが。
もちろんそんな事は無く、「スティング」しかり、「ペーパームーン」しかり。
低いどころか、素晴らしい映画も沢山紹介している事はお分かり頂けるかと思います。

.

そんな中で。ストーリーはともかく。役者。
特に、私観的「美女」の観点から選んだ時に、自分的「どまんなか」。

が、「ゴールディー・ホーン」です。

.

作者は、アーティスト「シンディ・ローパー」大好きですが。
年代的にも、面影も。共通点が多いと感じていて。大好きな役者さんの一人です。

.

.

映画のストーリーとしては、まぁあって無きがごとしですが。あらすじとしては。

ザックリ。お嬢様育ちのベンジャミンが、精神的に自立していくという。
もともとお金持ちなので、サクセスの逆ですが。精神的に育ってゆく、というカンテンツ。

.

結婚初夜で夫に「腹上死」されたベンジャミンは、海兵隊の勧誘にのって入隊してしまいます。

当然、最初は「どーにもならない」のですが。
除隊のため、「根回し」のうえ迎えに来た両親の態度に、何とベンジャミンは一念発起。原隊残留を決意します。

どーにか・こーにか訓練について行けるようになったベンジャミン。
ある実戦訓練で、「たなぼた」の大金星を挙げ、士官へと昇級。お祝いパーティーでフランス人男性アンリと出会います。

そして、ヒョンなことからパリのNATO(ナトー)軍へ転属に。当然アンリを訪ねるベンジャミン。

交際を始めるが、何と本土で「出し抜いた」上司もパリへ来ていて。
この上司はベンジャミンに逆恨みを持っており、この上司の陰謀(内部調査)によりアンリの古傷を暴かれ。

アンリとの交際を止めるか、除隊するかを迫られ。アンリとの結婚を選択します。

順風満帆に見えた婚約も、徐々にアンリの心がモトカノにあることが見え始め。
結婚式当日。アンリをなぐり倒して。

何処かへ歩みを始めるベンジャミンでした・・・・。

.

.

.


.

さてさて、いかがでしたでしょうか。美人いっぱい華いっぱい。
絶世の美女が盛りだくさんの、「ドール趣味と作者の趣向の融合ページ」でした。

.

.

.

return top          return directory top