「ガレージ」、そこは男の領域、男の夢、男のロマン・・・。
決して女に理解される事の無い、異次元世界。

.

.

昔、男は広大な夢を持ち。これに命を掛ける事を全く厭いませんでした。


世界制服が「男の夢」の基本?(笑)  映画「グラディエータ」より。

前四世紀、欧州東の外れに生を受けし大王は、その命を終える時。
夢の領域はインド亜大陸にまで達していました・・・。

史上最古の帝国アッカド・サルゴン王。セム系バビロニア・ハンムラビ王。

イスラエル・ソロモン王。アーリア系ペルシア・ダレイオス王。

ペルシアを滅ぼせり前記大王アレキサンドロス・サード。

そして稀代の英雄ユリウス・カエサル。

.

.

時代(とき)は流れ・・・。男の夢は、小さく小さく縮小し・・・。


GT roman / 西風

その夢の領域は、六畳一間にさえ届かなくなってしまいました・・・。

天井まで届く書棚を頂く図書室。ソファーの置かれた応接室。バーボンをいつでも飲めるミニ・バーカウンター。

資料で足の踏み場の無い研究室。作りもせず堆く積み上げられたプラモデル。

毎月五千円の電気代を消費し続ける熱帯魚水槽・・・。

.

オリエント・ロマンから比べれば、あまりに「ささやかな」、こんな現代社会の男の夢さえ。

女は、全く価値の無い物として、燃えるゴミの日に出して、知らん顔を決め込みます(涙)・・・。

.

.


でも・・・。そんな打ち拉がれそうな時も。ガレージにたたずむホットスタッフは、殿方(マスター)の傷心(ブルー)を優しく労ってくれます。
そう。いつでも、いつまでも・・・。

まことに僭越ながら。当サイト作者により、「 chibaac 」様のお写真に文書を付けさせて頂きました。

.

.

.

PARTVへ・・・。

return top          return directory top