「chibaac ブランド」の最強シリーズ、「パールホワイト光沢レギンス」セット。
やはりヤフオクにおきましても、大変な人気を博しました。(まだあるかもなので、興味のある方はお急ぎの程を。)

今回は趣向を変えて、「ビザールクイーン・アイテム」とのコラボレーションを図られたそうです。

当サイト作者より 「最終進化パールホワイト・レギンス」 シリーズです。

.

当サイト作者より、勝手に「最終進化」とコメントさせて頂きましたが。この写真をご覧になって頂ければ、ご理解頂けるものと確信します。

.

.


.

まさに「死角無し」。故の「最終進化」です・・・。

.

このパールホワイト・レギンスセットに対しまして、前回作者は僭越ながら。
「ジャケット」や「コート」類との組み合わせを語らせて頂いたのですが。

コラボレーション、つまり追加しているのにこの「シンプル」さ。
「chibaac 」様のデザイン・センスですね。

.

.

「なぜシンプルがハイセンス?」。

僭越ながら語らせて頂きますと。
実は、「シンプルなもの程、デザインするのが難しい」のですね。

「コテコテ」色々な要素を並べるだけなら子供でも出来る。

.

実際、子供の「絵」は。色々な要素が、脈絡無く並んでますね。
勿論、抽象画の観点からすれば、これでも「立派な芸術」かも知れませんが。
我々一般人が理解するのは難しいですね。

.

つまり「抽象的」要素を、「別」とすれば。やっぱり一般の人の感覚・価値観からすれば・・・。
「シンプル」の方が難しい、「ハイセンスのシンプル・デザイン」の方が。構成し難い。
と言うことになるのですね。

故に、これ程シンプルでこれ程のハイセンスを成功された、「chibaac 」様のデザインを。高く評価させて頂いた訳です。
当サイトドール「カッコ良いフライト・ジャケットとか、元々カッコ良いスーツセット。コテコテ着せれば、そりゃ「カッコ良く」なるものね。」 作者「ギクッ!。キツイなぁ、最近特に・・・。」。

.

.

しかも「ここから更に」他のアイテムとの組み合わせさえも、出来ますよね。

.

.

.

.

ビザールクイーン・アイテムとのコラボという事で。
大変に「贅沢」な構成です。

あまり「高価」と表現すると何ですが。ご覧の通り、もの凄くゴージャス。
勿論、ビザールクイーン・アイテムだけでも、十分にハイクオリティを表現できる物なので。

当然つや当然ですね。
「どんだけ贅沢か」。値段で・・・。当サイトドール「もう良いよ、マスターが貧乏なのは分かったから」 作者「痛っ、涙」。

.

.

..

.

追加として、別のアイテムもお預かりしました。
もちろんこれ単体でも素晴らしいものですが、展開が楽しみな新アイテムです。

「chibaac 」様の、ヘッドへのこだわりも、うかがえますね。

.

.

.


.

追記

追記を頂きました。ありがとうございます。WONDERY製の新作ハイヒールとのコラボです。

前回のハイヒールは大変「シャープ」なイメージで、白なので余計にシャープでピュア(清楚)。
それでいて、「近寄りがたい」とまで行かないまでも、ある程度「高貴」。つまり「ちょうど良いエレガント感(特に金色ベルトが)」を演出していました。

そして今回は「カジュアル系」ハイヒールとの組み合わせです。

「chibaac 」様よりのお写真は大変大きく(編集にあたって助かります)、上からスクロールして行って。
「あれビザールクイーンとのコラボじゃないんだ」と思ったのですが。

なる程、こちらのハイヒールは「悪女系」ではなく、言わば「コギャル(古い?当サイトドール「もはや私語ね」)系」で。
なる程さすが「chibaac 」様は、外す事など無い、常に「ベストチョイス」なのだと敬服しました。

当サイトドール「チョッとお、僭越よ」 当サイト作者「本当に勉強になったんで、もうチョッとだけ」

.

例えばこのお写真です。
このギャル系ヒールになった事により、ポージングの幅が広がり。よりアクティブなポーズが付けられるようになった。と、自分は感じています。

例えば、前の「シャープ」なヒールではこうは行きません。
エレガント系のヒールでこんなオーバーアクションとったら違和感を覚えてしまいます。
当サイトドール「マスターならヘーキでやるのよね」 当サイト作者「面目ね」 当サイト作者「こういうの「お転婆」って言うんだよね」 当サイトドール「それもすでに死後じゃない?」。

.

美しいですね。美しさと可愛らしさを兼ね備える、最強アイテムです。
当サイトドール「これをわたしが着れるのね」 当サイト作者「シー、フライングしちゃダメだよ」。

.

.

.


.

当サイト作者より編集後記。

自身は、実を言うと。ドールのヘッドには無頓着と言いますか、どんなヘッドだって個性があれば良いじゃない?。ってタイプでして。

まぁ、だからこそ「ノッペラボウ」のセラ・ヘッド(ボークスAヘッド)も抵抗感無く使っておりますし。
「可愛い」等とのコメントを入れておるしだいです。

.

そんな作者がヘッドを語るは、大変不躾ではございますが。
このアウトフィットとこのヘッドの組み合わせ。

絶妙です。

.

くしくも、当サイト「コケティッシュ・グラフティ」も第10回記念を迎えましたが。
気が付けば「chibaac 」様ページも第10回という事で。


極めて、僭越の極致ですが。「最高のアウトフィットに乾杯」です。
(どうでもイー事ですが暑い季節以外、基本お湯割です。お祝いなのに普段着で失礼、ドールは「クラレット」で。「チァース!」

.

.

.

PART ]Tへ・・・。

return top          return directory top