「 chibaac様 」ページは前回、「総集編」を成功裏の内に終えさせて頂きました。

大変な盛況を頂き、「NEW」期間中ヤフオクでは「大台価格」の報も飛び込み。
「面白い」と言っては不謹慎ですが、「インタレスティング」、「興味深い」体験をさせて頂きました。

今回は「祭りの後」?。
いやいや「 chibaac様 」はそんな「寂しい」戦略はお執りにはなりません!

「 chibaac様 」の盛り上げる力はこんなものではありません。個人的にお話をさせて頂き、理解しました。
普通の人なら「盛り下がる」局面でも、「無理やり(笑)」でも盛り上げてしまう。

「 chibaac様 」とはそういう方なのです・・・。

.

.

.

成功が続くと、人間というものはとかく「行き過ぎ」たり。
もしくは「反動主義」に陥り、極めて保守的思想を強めて、攻めの姿勢を完全に無くしてしまったりするものです。
良く言われる、アーティストの「三枚目アルバムのジンクス」とか。

.

しかし今回の「 chibaac様 」の新作をご覧になっていかがでしょう。
一見すると、非常に印象的だった「レギンス・シリーズ」や「ボディコン」に比べて、比較的地味ではありますが。

「手堅い」作品です。

.

.

「手堅い」という日本語は、保守的意味合いを多分に含みますが。この写真をご覧いただければご理解頂けるものと思います。
決して保守的でない、「堅実」な作品であることが。

ホットスタッフのオーナーなら、間違いなく、絶対欲しい「一着」だと思います。
超リアルボディ、手首・足首フルシームレスなのですから。

.

.

.


.

関係ないですが先ほどの、「アーティストのジンクス」の話を続けてみます。
「MTV特集」ぺーじでも取り上げましたが、絶頂期の後の「凋落」が一般的ですね。
しかしもっと長いスパンでも起こります。人生の円熟期がこれで。

有名どころでは例えば、「黒澤明」監督の「夢」等がこれに当たります。

.

ただしこの場合、「長年社会的名声」を十分得て、名声はこれ以上要らないから「自分の好き勝手にやりたい」。
という意味合いが強く。

この心理を最も「如実」に物語った作品が、スコット・フィッツ・ゼラルドの「ラスト・タイクーン」です。

.

若くして名声を得て・・・。
ラスト・タイクーンは。相応の年齢なら円熟期に入るところを、早すぎる絶頂期からの転落を描いた、Fゼラルド最後の作品です。
これは明らかに「若気の至り」とは異なります。

一般的にFゼラルドは、やはり「グレート・ギャツビー」が有名ですが。
ラスト・タイクーンも、別の意味でお勧めです。

.

.

.

.

.


.

さてさて、またまた勝手を綴りながらお送りして参りましたが。
お別れは「オープン・トウ・ハイヒール」です。

ハイヒールに対する強い「こだわり」から生まれた、「 chibaac様 」ならではのデザイン・ハイヒールですね。

ヤフオクでも大好評で、「 chibaac様 」ご自身生産が追いつかないとのお話を頂くほどです。
但し「 chibaac様 」の場合営利目的が薄いので、いわゆる「儲かってしょうがない」といった嬉しい悲鳴ではないようですが・・・。

むしろ「奥さん」や「ご家族」、周囲との兼ね合いを考慮しながら「細々」と言った状況が伺え。
無責任な発言ではございますが、「大変だなぁ」(笑)と感嘆を禁じえない、今日この頃でした・・・。

.

.

.


.

追記。

競泳水着シリーズにニューラインナップです。
今度は前回以上に「シンプル」。

ピンクのライン一本のみのポイントですが、ご覧の通り大変にスタイリッシュです。

.

前回も、割と「シンプル」な構成と報じましたが。考えても見れば。
ビキニはともかく、これ程スタイリッシュなワンピースは他に無く。

考えてみれば、ホットスタッフにとってのこれは、「重要アイテム」シリーズともいえますね。

.

.

いわゆる「ありそうで無かった」というアイテムです。
しかもホットスタッフは、手首・足首シームレスですからね。

ホットスタッフ・オーナーなら、必ず一着は欲しい必須アイテムですね。

.

.

.

PART ][へ・・・。

return top          return directory top