.

ホットスタッフ・ファン第15シリーズは。「ホットスタッフ・ビウティ」です。
セカンドシーズの、「ホットスタッフ・コケティッシュ・グラフティ」と「アウトフィットのホットスタッフ対応」と「アクションフィギュア検証」ページ等等。
もちろん「ラムちゃんシリーズ」も含む、これらを合体させた内容です。

セカンドシーズンの分類方法の方が分かりやすいのかも知れませんが。
分類カテゴリが多くなってしまう事。また、ページごとの「趣旨」が固定化しているため、どの分類に入れるか迷う事が多かった。
等の理由から。分類の方法そのものを見直したしだいです。

.

「修理」「メンテナンス」「改造」「素体検証」その他、ホットスタッフの構造部分に関わる。「ホットスタッフ・ホスピタル」。

ホットスタッフの「素晴らしさ」を表現するなら「何でもあり」、の。言わば「ゴッタ煮」カテゴリ、これが「ホットスタッフ・ビウティ」です。
分類方法が異なるので、例えば「素体検証」がダブってますが。「ホットスタッフの素晴らしさ」を表現するなら「ビウティ」、構造的部分は「ホスピタル」。となります。

趣旨が「セイレーン」と似ていますが、セイレーンは軍事を中心にしているため。普通の人にとって価値観が分かれること。
またセイレーンはメーンシリーズのため、コンテンツのウエイト的バランスを取るため、このホットスタッフ・ビウティと別カテゴリとしています。
これで多分。サードシーズンの分類は出揃ったと思います。

.

.

.


.

ホットスタッフ・ビウティ、第一回は「ホットスタッフ管弦楽団」を予定しておりましたが。
すみません。セイレーンで着せたチヨミのスーツ姿がカッコ良いので。予定変更。

久しぶり、二年ぶりに登場。世界大恐慌時代のアメリカン・ファション。
映画「俺たちに明日は無い」より。「ボニー&クライド バローギャング団」です。

.

ホットスタッフ・ビウティなのでドンドン行ってみましょう。

この辺じゃ見かけぬ、流れ者の二人組み。
お揃いのカンカン帽かぶって、オーディオケース抱えて。陽気な音楽隊?・・・。

写真は現在の写真ですが。ピッツバーグは、ほとんど19世紀ままなので。写っている「自動車」を、想像で「フォードV8」等に置き換えて下さい。

.

.


良いねぇ!。ストリート・パフォーマンスかい?。帽子を回しなよ。

.


残念でした。私たちの職業は「銀行強盗」なの。

.


わたしが先に。

.


バロー「動かないで下さい。バローギャング団デス。」 ボニー「そのお金はおじいさんの?ならしまって」

.

.

.

.


.

www.glassgiant.com様より

.

わたしとクライドとが 人なみの暮らしをしたり
人なみに家を借り 人なみに生活したら
3日めには警官がやってくる 税金で買った機関銃をもって

わたしは必死に戦う どうせとどのつまり勝つのは法律で
先に撃たれて死ぬのは ふたりと決まっている
でもわたしたちは知っている 死は罪のむくいなのだと

いつか私たちいっしょに死ぬだろう力のかぎり戦い、
傷つき、撃たれてふたりはならんで土になる 
わたしたちの墓を見て ほっとして人は言う
やっと死んだボニーとクライド

わずかな人にそれは悲しみを与え、法に安堵を
でもそれは、ボニーとクライドの死・・・

.

.

.


.

追記。

.

ストーリーといまいちマッチングしなかった写真を追記します。
コケティシュ・グラフティではあまりこういう写真は貼りませんでしたが、これは素晴らしければ何でもありのビウティなので。

.

このスーツのウエストも、本物と同じように。「ダイヤ型」に切り取り、かなりウエストを絞っているのですが。
こう見ると、ホルスタのせいで、かなりウエストの絞りが無くなっている事がわかります。

ヤッパリ、リアルに見えても、本物に比べてホルスタがかなり大きいのですね。

.

.

.

ホットスタッフをお持ちの方は分かると思いますが。このポーズは、特に腕・肘のポージングがかなり「きつい」です。
(もちろん右腕は、拳銃を握るところまでは届きません。)

.

.

.

.

バローギャング団は、軍の基地も襲撃して武器を調達していたため。
拳銃や自動小銃はもちろん、手榴弾をも所持していたそうです。

バローギャング団に襲撃された現場は、ほとんどいつも「血の海」であり。
恐らく、襲われた被害者の目には、「鬼の形相のボニー・パーカー」が。

.

最後の景色として映ったことでしょう・・・。

.

.

.

.


.

このページは「フィット対応」も兼ねるので。オマケです。

.

コケティシュグラフティ最終回の「お帽子特集」で紹介したカンカン帽。チヨミにはチョッと大きめだったのですが。
あの後アゾンに寄ってみたところ、何と新発売されていました。例のセーラー服セットの。「一回り小さいバージョン」です!。ドール・作者「ヒューヒュー」。
(んっと、前から売ってたのかな。わかりません。)

セラ用の(大きいやつ)は、オビツ27用。そして今回のチヨミ用は。
「ピコニーシモ」という、なんと1/12のボディ用です。(自身知らなかったのですが、とても「頭」と「手首」の大きな素体です。)

.

.

.

return top          return directory top