.

去年掲載以来、ずーとプレリリース状態が続いておりましたビウティPARTUですが、追記によりセリエ版(正式)へ一歩進むこととなりました。
ホットスタッフ管弦楽団と、「イブニング・ドレス特集」との二本立てとなりました。

.

.

グライドボーン・オペラハウス。

良くは調べていないので定かではありませんが。オペラ・ハウスとしては、そりゃ格調高いことは確かですが。
本場イタリア・ミラノ(PS.フィレンツェ)や、旧ハンガリー帝国(PS.オーストリア=ハンガリー帝国)のオペラハウスから比べれば。
歴史的に浅いことは確かです。詳しくはウィキしてください(間違ってるかもです)。

.

私的施設なのか公的なのかは。申し訳ございません、これも定かでないのですが。
昔は大変に「格調高く」、呼ばれる観客は有名人・著名人で。もちろん超一流の役者をそろえていた事は確かですが。

グライドボーン・フェスティバル・オペラは、「観客のほうがセレブリティ」といわれたそうです。

いまセレブという言葉の用法をウィキして、面白いことが分かりました。日本語ですと「お金持ち」と「セレブ」では、ほとんど同意ですが。
英語では財力と関係なく、有名な。つまりその時代の「ちょうじ」的な人。もしくはそういう立場の人たちの事を指すそうです。(貧乏でも)

.

.

.


.

.

.

.

.

.


.

Viola & Violin

.

.

.

セラがヴァイオリン、チヨミがヴィオラ・パートです。
胴長でだいたい、ヴァイオリン35cm、ヴィオラが50cm程度だそうです。

協奏曲のソロはご覧の通りヴァイオリンが多く(ヴァイオリン族の場合)、ヴィオラ協奏曲と言うのは少ないそうです。

BGMはモーツァルト。独奏曲は少ないので、ヴァイオリンとヴィオラの協奏曲(協奏交響曲)。変ホ長調 K.364です。

.

.

.

美しぃ・・・・。
自分のホットスタッフでありながら、見惚れてしまいます。
ファイセンも、指は相変わらず「やる気が無い」ですが、なかなかのものです。ストッキング越しの太ももがエロいです。

ドール「とほほ・・・・。」 作者「おっ。ナレーション復活だね、サードシーズンで。」「ファイセンとホットスタッフ、どっちって設定ですか?」
ドール「さぁ。ドッチでもおんなじでしょ。」 作者「まーねー」。

.

.

.


.

追記。
さて、またまたオマケ。フィット対応です。

.

セカンドシーズンでも取り上げさせて頂きましたところの「 akirasway 」様です。

詳しくはセカンドシーズン・フィット対応ページをご覧下さい。ただし、セカンドシーズン当時は、相互リンクさせて頂いておりませなんだですので。この場をおかりして改めてご紹介致しますと。

.

相互リンクの「 春夏秋冬(ひととせ)の道 」様が、ヤフオクの「 akirasway 」様です。

.

ご覧の通り、本当に「可愛らしい」アウトフィットを取り扱ってらっしゃいます。またお手ごろ価格も魅力的で。
リンクをご覧頂ければ理解頂けると思いますが。ヤフオクでは現在はなんと、「ヘッド・マイスタ」として活躍されています。

← ヤフオク「 akirasway 」様。
実はホットスタッフでは若干小さめですが、伸縮素材のため。着せると逆にその「ピッチリ感」が、とってもセクシー。です。

.

お写真をお寄せいただいておりますところの「 Magician 」様、「 chibaac 」様への感謝の意は申し上げるまでもございません。
そして可愛らしいアウトフィットを提供頂いております所の「 akirasway 」様、「 Wai 」様。

スタイリッシュ・モダン・ポップ・アーティスティック・デザイナー「 chibaac 」様。
もの凄く可愛い、「普通の女の子」ファッションを、精力的に送り出されております「 takarinn0402 」様。
「 takarinn0402 」様におきましては、こちらの意向(わがまま)をお聞きいただき、素晴らしい「ペチコート」をお作り頂きました。

そして今回、当サイト「もう一つの顔」。ジェット戦闘機関連におきまして。「 ワルキューレの奇行 」様にも相互リンク頂きました。
貴重なご指南を頂きましたところの「 トレジャートイズ通販サイト 」様、貴重な情報を公開頂いておりますところの、「ビザール・クイーン」様。

改めてご恩礼の程を申し上げます。

.

.

.


.

追記の追記。
残念。ダメでした「フライリィ・ガール」編です。

.

セカンドシーズン・フィット対応でも何度もご紹介した通り。
ホットスタッフという素体は、アクションフィギュアの中でも最もボリュームのある素体であり。

「 MCToys 」「 ZYToys 」「 POPToys 」「 VERYCOOL 」などがことごとくキツめ。
クールガールやファイセンもウエストがかなりタイトです。
(特に前者四社は、着用断念の危機を多分に含みます)

そんな中で、セカンド・シーズン・コケティシュ・グラフティの「レオタード」で登場した。

.

フライリー・ガール「 FLIRTY GIRL 」も残念、黒星点灯です。

.

.

.

まずもって袖が通りません。
以前になんとか通した記憶がありますが、袖が通ってもたしか胴回りが座礁したと思います。

.

右は「オビツ27」です。
フライリーガールは。自身の趣味ではないのですが、魅力的な「セクシー・インナー」等も発売しておりますが。

残念ながら、シグナル・イエローは確かのようです。

.

.

.


.

追記。

題して「上から下まで完璧フォーマル」です。
本当に美しいです。自分のホットスタッフながら、見惚れてしまいます。

.

このページ上記の「 akirasway 」様のワンピースとコートです。
ワンピース・ドレスはメーカー各社が、最も力を注いでいるアイテムでもあり。ひじょうに選ぶに事欠かない。
また競争の激しいものでもあるので、大変にクオリティの高いセットが数多く発売されています。中にはパッと見、1/6と気づかない程リアルなものもありますよね。

上記通り「 akirasway 」様のアイテムは優れてリアリティではないのですが。
「可愛らしい」と「リアリティ」を両立した、バランスの取れたクローセです。お手ごろ価格も言うまでも無く、大きな魅力ですね。

.


ヒップラインを狙いましたがチョッと失敗です。

.

.

フォーマル・ドレスに腕組み「仁王立ち」。作者・ドール「かーこ良いー」。
当サイト「始めにお読みください」ページでご紹介しました。「これがホットスタッフの表現力」です。
作者「踏まれてみたい」 ドール「およし!」 作者「ヒールで言えば、ヤッパリこの「足首」。凄いよね」 ドール「でしょう」。

.

こーゆーのはよくわからないのですが、ストッキングの縫い目は後ろが多いと思うのですが、コレは内側になってます
足首で言うと。これは V1 なので、足首が若干太く見えます。

V2(BQ)は、太さは同じ(多分)でもかかとが膨らんでいるので足首に「くびれ」があり。その分細く見えます。
(その分靴のサイズが若干大きくなっているようです)

.

.

.


.

スペシャル・サンクス。
比較対照として、スポーティーカジュアルのセラに登場してもらいます。可愛いセラとカッコいいチヨミ。

この「表現力」凄いと思いませんか?人形なんですよ。これで。

.

.

.

最後は恒例構造紹介です。

ストッキングはおなじみ「ベリークール」です。
アクションフィギュア系ではオーソドックスで。ご存知白・黒そして肌色の三色がラインナップされていますね。


↑ ポージングは素晴らしいけど、こういうコスを着せると。
手足首のジョイントはもちろん、ボディーラインや細部のモールドで。
ファイセンは「オモチャ」っぽさが出てしまいますね。

.

パンストで言うと、セカンドシーズンでも度々触れましたが。ドールズ・フィギュアとポップトイズを試してみて。

ドールズフィギュアは履けるけど、チョッと大きすぎて。「伸び」が少ない分、「透け」が弱く「黒すぎ」の印象。
ポップトイズは、縦方向の伸びはあるけど、横の伸びが足りずに。ヒップが通りませんでした。

予断ですが。
キューティーズ、アゾン、ボークス等のドール系ストッキングは多分全滅です。
もちろん、バービー系もだめです。

.

「目合い」は、履かせて 0.8mm 程あるので。6倍すれば 4.8mm にもなってしまい。まぁ、リアリティからすれば、チョッとデカ過ぎってところです。
「フォーマルシーンで網タイツ」ぢゃチョッとカッコ悪いですからね。(アトラクション・アクターの側になってしまいますね(笑))

.

.

.


.

映画「ジョニー・イングリッシュ」より。

お次は「ホルスタ・ネック」のワンピースです。
さっきのタイプは露出が多すぎて、現実的にはチョッと下品になってしまうかもですが。こちらはまさに「ど真ん中」。
ただし残念な事に、このタイプはネックレスが似合わなくなるようですね。

.

.

.

こういうハイソサイティのシーンでは、ショーツのラインが浮き出るような野暮はしない。
つまり「シルク」とかのショーツで、パンティー・ラインは出さないのでしょうが。

1/6では、この点はどうにもなりません。どうやっても浮き出てしまいますね。

.

.

.

.


.

さて。

いかがでしたでしょうか、「フォーマル・ウェア特集」。
もちろんご覧の通り、他の色。つまり赤や白のバージョンも、作者は持っていますが。今回は「黒」にこだわってみました。

黒い服は、実は個人的にはあまり好きではないのですが。
「黒は女を最も美しく見せる」のセオリーは、やはり本当のようで。本当に素晴らしい限りです。我がホットスタッフながら見惚れてしまいます。
作者「あれ言ったっけ?」 ドール「何度もね、ボキャブラの泉も尽きたのね」 作者「でも良いものは良い」 ドール「どーしたの?」 作者「まーねー、たまにはねー」

.

.

.


.

追記U

.

フォーマルウェアの両雄。
リクルート系フォーマルウェア。の。ストッキングつながりで。上記「ベリークール」のストッキングを、チラッっとご紹介いたします。

コーデはおなじみ。
当サイトでも度々、いや再三登場の。「ドールズフィギュア cc141 」です。

.

.

さて。
ストッキングの良さはナンでしょう。 ドール「おっさん」 作者「まぁまぁ」。

肌色以外にはそれぞれ理由があり。もちろん間接的理由。つまり、脚を細く見せるとかありますが。

究極的、根本的理由は当然。脚に色を付ける。

つまり、「服とのコーディネィト」に他なりません。

.

妖艶な大人の色気を発する「黒」。ロリータ風ファッションの「白」。等等・・・。
様々な「上」の服を引き立たせるための、重要なアイテムですね。

.

では肌色は何のため?・・・・。

.

肌と同じ色では「意味無い」じゃないですかっ。
ドール「だれっ!。相手は。」 作者「いや、心の分裂したもう一人の自分。」 ドール「ひっ分裂症」
作者「24人のビリー・ミリガーン!」 ドール「古っ!」。

.

もちろん。寒さ対策とか、実用理由もありますが。私は訴える。

光る脚」と。ドール「とほほ」。

.

ところが・・・・・・。

まぁもちろんこれはこれで、大変良い良いなのですが。
ヤッパリチョッと「白過ぎ」て、「光る太もも」もとい、「光る肌」。って感じが薄いのが残念。

.

と言うわけで、欲張りにもストッキングも追記してみました。
白も持っていますが、手持ちで合うクローセが。まぁ「メイド服」くらいしか無いので。

しかもメイド服には断然、パンストではなくニーハイ・ストッキングの方が似合うし。
今回は見送りです。

.

メード服が青バージョンなら、「不思議の国のアリス」として行けるのでしょうか。
などと思ってみました。

裏話として。「色」だけで言ったら、キュティーズのシームレス・ストッキングが良いです。
目合いが大きく、完全な網タイツですが。あの細いオビツ27対応なのに、ホットスタッフで履けるんです、実は。

.

.

.


.

追記V

フォーマル・ウェアの追記で、このページも一応のセリエ版となったのですが。
お別れとして、究極のセクシー・ワンピース映像をお送りします。

.

.

.

.

return top          return directory top